キタキツネの子別れ

【宮城蔵王キツネ村】キタキツネ・・・・美しく悲しい動物として


大自然の中で、種々の不思議な生き様を繰り広げるのである。

 春、まだ浅い頃、交尾期を迎え4~5月に3匹ないし5匹の子ギツネが生まれる。
親ギツネは、生まれてきた子ギツネに対して深い愛情をふりそそぐ。
 やがて春が終わり、短い夏が訪れ、8月下旬前後の三日間劇的な子別れの儀式がおこなわれるのである。

子別れ・・・・
 親ギツネのはかりしれない、暖かい愛情の中で育まれてきた子ギツネたちが突然親ギツネに突放されるのである。
子ギツネがいつものように巣穴に入ろうとすると…

続きはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です